大人の時間割り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学生ともなると、授業に部活、塾通い、宿題、ゲーム、SNSなど
彼らは一日の間に、実に多くのことをしています。

ところが大人になると「今日一日、何をしたっけ……!?」
なんて状況になってしまうのは、なぜなのでしょう。
その違いは「時間割り」の有無にあります。

彼らは時間割りによってマネジメントされているのですよね。
それなら、大人も時間割りをつくって自分をマネジメントすればいい。

子どもたちの時間割りには「体育」「理科」といった具合に
それぞれの時間にラベルがついていますが、
大人の場合は「仕事」というただ一枚のラベルがついていて、
それがずっと続いています。

ですから「この時間はどの仕事(行動)」をするのかというところまで、
あらかじめ決めておくと、理想的な時間割りづくりになり、
これが時間管理になります。

毎日必ず「明日中にやる仕事」とそれぞれの所要時間を書き出し、
そこから時間割りを組み立てる。
これをぜひ、今日から実践してみてください。

そして、子どもたちが寝る前に翌日の時間割に合わせて
教科書を準備するように、翌日の仕事の内容に合わせて
カバンの中身を入れ替えること。

その過程で翌日の仕事の段取りが、頭の中でさらにクリアになりますし、
カバンの中がスッキリ整理されていれば、仕事も効率もよく進みます。

※この記事はメールマガジン「電化deま〜け」でお届けしている内容を一部編集して掲載しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

蓄電池・太陽光の販売代理店を募集中!

株式会社サンユウではビジネスパートナーとなる販売店様を募集中。
当社では、販売店様が安心して営業活動を行って頂けるよう、9つのサポートシステムを整えています。
仕入れ・ローン・工事・営業サポート付き。店舗不要、初期費用0円。個人で独立、新規事業の方も歓迎。


詳しくはこちら

SNSでもご購読できます。